普段からにおいの強い食事や飲み物に気を付けることは当たり前で、毎食後の歯磨きはもちろんですが、歯間ブラシも欠かしません。

とくに空腹であったり、口の中が乾燥すると口臭がするような気がするので、こまめに水分を補給したり、トイレへ立った時にうがい液で口をすすいでさっぱりさせたりもしています。

接客業なので仕事中にガムを噛んだりは出来ませんが、ミント味のタブレットを常備して、お客様や周りの人に気づかれないように、口の中へ入れています。

口臭予防には健康であることも大切なので、歯科検診は出来るだけ半年に一度は受けるようにして、虫歯や歯槽膿漏予防に努めています。

また、口の中の病気だけではなく、内臓疾患や、ストレス、便秘も口臭の原因を作ってしまうので、意識して偏った食生活にならないように気を配り、生活するうえである程度のストレスを感じることは仕方がないので、ストレスを上手に発散していく工夫もしながら、健康管理をしています。